コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

株式持ち合い解消 かぶしきもちあいかいしょう

会計用語キーワード辞典の解説

株式持ち合い解消

90年代に入り、外部よりその閉鎖性や不透明性が指摘されるとともに、その非効率性も露呈してきました。これに伴って、取引関係の薄い同士を中心に株式の売却が増加してきました。このことを、持ち合いの解消売りといいます。

出典|(株)シクミカ:運営「会計用語キーワード辞典」会計用語キーワード辞典について | 情報

株式公開用語辞典の解説

株式持ち合い解消

株式の持ち合いとは、事業会社と、メインバンクや取引先企業が、それぞれの株式を相互に保有し合うことをいい、日本特有の資本取引慣行とされている。戦後の財閥解体時期より1980年代まで、株式の持ち合いの比率は高まり続けていた。しかし、90年代に入り、外部よりその閉鎖性や不透明性が指摘されると同時に、実際にその非効率性も露呈してきた。これに伴い、取引関係の薄い同志を中心に、株式の売却が目立つようになってきた。このことを、持ち合いの解消売りという。

出典|株式公開支援専門会社(株)イーコンサルタント株式公開用語辞典について | 情報

株式持ち合い解消の関連情報