核化学方程式(英語表記)equation of nuclear reaction

法則の辞典「核化学方程式」の解説

核化学方程式【equation of nuclear reaction】

「核反応方程式」,あるいは「核化学反応式」という用語が用いられたこともあるが,この場合には反応系と生成系において核子数,電荷などが厳密に一致していなくてはならないので「核化学方程式」のほうが広く用いられている.ただし等号を用いることはなく,ほとんど右向き矢印を使う.たとえば窒素-14に α 粒子が反応して,酸素-17と陽子が生成する反応では

のようになる.左下には原子核中の陽子数原子番号),左上には核子数(=質量数,陽子数+中性子数)を記す.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android