矢印(読み)やじるし

精選版 日本国語大辞典「矢印」の解説

や‐じるし【矢印】

〘名〙
の標識。普通には矢の持主を明示するために矢柄(やがら)に記す姓名家紋などの標。口巻(くつまき)の上や羽本(はもと)の下あたりに漆・焼または小刀でしるしをつける。
※承久記(1240頃か)下「白箆に山鳥の羽にてはぎたる、矢誌ししたりけるが」
② 矢の形をしたしるし、または、符号。方向・順路などを示すためのもの。「→」「⇒」など。
※歩兵操典(1928)第五四五「横尺の矢標を十五分画の位置に在らしむ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「矢印」の解説

や‐じるし【矢印】

方向などを示すための、矢の形をしたしるし。「矢印で順路を示す」
射手を明示するために、矢につける姓名・家紋などのしるし。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android