コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

核四重極能率 かくしじゅうきょくのうりつelectric quadrupole moment of nucleus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

核四重極能率
かくしじゅうきょくのうりつ
electric quadrupole moment of nucleus

原子核内の電荷分布が球対称からずれるために生じる電気四重極能率。電荷分布が細長い回転楕円体 (葉巻形) のとき正,平たい回転楕円体 (円板形) のとき負の値をとる。四重極能率は対称テンソルで,その主軸の一つはスピンの方向と一致する。核スピン 0または 1/2 の原子核では四重極能率は0である。その他の場合,四重極能率の値は e×10-26cm2 ( e電気素量 ) の程度であるが,原子核自体が回転楕円体に変形した変形核では e×10-24cm2 の程度に達する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

核四重極能率の関連キーワードメスバウアー効果テンソル力重陽子

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android