コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

核四重極能率 かくしじゅうきょくのうりつelectric quadrupole moment of nucleus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

核四重極能率
かくしじゅうきょくのうりつ
electric quadrupole moment of nucleus

原子核内の電荷分布が球対称からずれるために生じる電気四重極能率。電荷分布が細長い回転楕円体 (葉巻形) のとき正,平たい回転楕円体 (円板形) のとき負の値をとる。四重極能率は対称テンソルで,その主軸の一つはスピンの方向と一致する。核スピン 0または 1/2 の原子核では四重極能率は0である。その他の場合,四重極能率の値は e×10-26cm2 ( e電気素量 ) の程度であるが,原子核自体が回転楕円体に変形した変形核では e×10-24cm2 の程度に達する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

核四重極能率の関連キーワードメスバウアー効果テンソル力重陽子

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android