コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

変形核(読み)へんけいかく(英語表記)deformed nuclei

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

変形核
へんけいかく
deformed nuclei

形が球対称からずれた原子核。質量数が 155から 185の間と 225以上の原子核の多くは回転楕円体で,大きな核四重極能率をもつものがあり,また回転楕円体に固有の回転準位が励起状態として出現する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

へんけいかく【変形核 deformed nucleus】

質量数が150から190の間および224以上の領域にある原子核は,比較的低い励起準位の構造が分子における回転準位と似ていること,準位間の電気四重極遷移が非常に強いこと,大きな電気四重極モーメントをもつことなどから,回転楕円体の物体が回転するという描像が成り立つと考えられている。このような原子核を変形核という。陽子数,中性子数ともに魔法数から離れている領域で,変形はそのための量子力学的効果によって生ずると考えられている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる