核相(読み)かくそう

精選版 日本国語大辞典「核相」の解説

かく‐そう ‥サウ【核相】

〘名〙 生物細胞のにおける染色体数の構成の状態。一組の染色体をもつ場合を単相(単核相)、二組の場合を複相(複核相)という。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の核相の言及

【シダ植物(羊歯植物)】より

…葉には胞子囊がつくが,異型胞子性のものには雌性の大胞子囊と雄性の小胞子囊とに区別される。胞子囊内で減数分裂が行われて,核相が単相となった胞子がつくられる。卵と精子が合体すると核相は複相に戻るので,胞子体の世代は核相が複相で,配偶体の世代は単相であり,シダ植物では世代の交代は核相の交代を伴っている(図)。…

【世代交代】より

… 植物ではドイツのホフマイスターWilhelm Hofmeister(1824‐77)がシダ植物とコケ植物ではじめて世代交代を発見(1851)したが,その後,他の多くの植物群でも見いだされている。植物の世代交代は同時に核相(染色体数)の交代を伴う場合が多く,その場合は,減数分裂による細胞の単相化(染色体数が2nからnになること),および受精(接合)による複相化(nから2nになること)が,それぞれの世代の起点となる。 シダ植物では世代交代が明りょうに認められる。…

※「核相」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android