コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生殖細胞 せいしょくさいぼうreproductive cell; germ cell

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

生殖細胞
せいしょくさいぼう
reproductive cell; germ cell

卵,精子,花粉など生殖のために分化した細胞。生殖細胞は減数分裂により染色体数が半減してできるが,そのとき,相同染色体同士が対合している過程で染色体が交差し,組み換えが起こる。生殖細胞は,一般に機能を分化しており,雌性生殖細胞は大きく,細胞質に栄養分を多く蓄えており,雄性生殖細胞は小さく数も多く,運動性を持つのが普通。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

栄養・生化学辞典の解説

生殖細胞

 生殖にかかわる細胞.精子,卵など.植物では胞子などもいう.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

せいしょくさいぼう【生殖細胞】

生殖のために特に形成される細胞。次代の生物個体の出発点となる。無性生殖を行う生物では胞子、有性生殖を行う生物では配偶子といい、雌の配偶子を卵、雄の配偶子を精子または花粉という。性細胞。 → 体細胞

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

生殖細胞
せいしょくさいぼう

生殖のためにとくに分化した細胞をいう。有性生殖においては性細胞ともよばれ、雌雄の配偶子をいい、雌雄の分化が明瞭(めいりょう)な場合には、それぞれ卵および精子である。無性生殖では胞子がこれに相当する。また、吸虫類のレジアという幼虫の中にある胚(はい)細胞もこれである。
 多細胞動物では、生殖細胞は発生のごく初期に他の細胞から区別される始原生殖細胞に由来し、これが生殖巣に入って生殖細胞となる。生殖細胞に対して、他のすべての細胞は体細胞とよばれる。生殖細胞の起源はさらにさかのぼって受精卵の細胞質中にみることができ、たとえば、イエバエなどの昆虫では卵の後端の細胞質にある極顆粒(かりゅう)が極細胞に入って始原生殖細胞をつくる。また、カエルでは卵の植物極表層のすぐ内側に生殖質とよばれる部分があり、この生殖質を放射線照射により破壊すると、その卵からは生殖細胞をもたない個体が発生する。生殖質を電子顕微鏡で調べると、多数のミトコンドリアなどのほか、電子密度の高い顆粒が認められ、この顆粒は生殖粒とよばれる。[町田武生]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

生殖細胞の関連キーワードヒトのiPS細胞などから生殖細胞をつくる際の国の指針原始生殖細胞始原生殖細胞胚細胞性腫瘍EG 細胞胚細胞腫瘍ワイスマン原生殖細胞細胞質接合卵母細胞成熟分裂精原細胞精母細胞鞭毛運動卵原細胞緑藻植物母性遺伝卵祖細胞生殖上皮生殖腺

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

生殖細胞の関連情報