単相(読み)たんそう

百科事典マイペディア「単相」の解説

単相【たんそう】

半数または単数とも。複相に対する。核相交代において染色体数の半減している状態で,この場合の染色体数を普通nで表す。したがって複相の染色体数は2nになる。配偶子,胞子などがこれに当たる。有性生殖では,減数分裂雌雄の配偶子の合体受精)によって複相の新世代が作られる。→世代交代
→関連項目複相

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の単相の言及

【世代交代】より

… 植物ではドイツのホフマイスターWilhelm Hofmeister(1824‐77)がシダ植物とコケ植物ではじめて世代交代を発見(1851)したが,その後,他の多くの植物群でも見いだされている。植物の世代交代は同時に核相(染色体数)の交代を伴う場合が多く,その場合は,減数分裂による細胞の単相化(染色体数が2nからnになること),および受精(接合)による複相化(nから2nになること)が,それぞれの世代の起点となる。 シダ植物では世代交代が明りょうに認められる。…

※「単相」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android