コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

単相 タンソウ

3件 の用語解説(単相の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たん‐そう〔‐サウ〕【単相】

単相交流」の略。
減数分裂後の、染色体数が普通の体細胞の半分の数である核相。nで表す。胞子配偶子などのもの。→複相

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

単相【たんそう】

半数または単数とも。複相に対する。核相交代において染色体数の半減している状態で,この場合の染色体数を普通nで表す。したがって複相の染色体数は2nになる。配偶子,胞子などがこれに当たる。
→関連項目複相

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

たんそう【単相】

「単相交流」の略。
減数分裂によって半減した染色体数を示す核相。 n で表す。配偶子およびその世代のもの。 ↔ 複相

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の単相の言及

【世代交代】より

… 植物ではドイツのホフマイスターWilhelm Hofmeister(1824‐77)がシダ植物とコケ植物ではじめて世代交代を発見(1851)したが,その後,他の多くの植物群でも見いだされている。植物の世代交代は同時に核相(染色体数)の交代を伴う場合が多く,その場合は,減数分裂による細胞の単相化(染色体数が2nからnになること),および受精(接合)による複相化(nから2nになること)が,それぞれの世代の起点となる。 シダ植物では世代交代が明りょうに認められる。…

※「単相」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

単相の関連情報