コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

複相 ふくそうdiploid phase; diplophase

4件 の用語解説(複相の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

複相
ふくそう
diploid phase; diplophase

生物の生活環において,有性生殖に関連する生殖細胞の核の染色体数に注目したとき,それが基本数 (nで表わす) の2倍になっている相,すなわち受精してから減数分裂するまでの相をいう。単相 (半数性の核相ともいう) に対する語で,通常 2nと表わす。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

複相【ふくそう】

単相の対語。核相交代において二倍体の相(単相の場合の染色体を2組もつ)をいう。有性生殖では減数分裂の結果染色体数の半減した単相(染色体数n)の配偶体の合体によって複相(2n)に戻るが,無性生殖では親の体細胞がそのまま新個体となるため,常に複相の状態にある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内の複相の言及

【世代交代】より

… 植物ではドイツのホフマイスターWilhelm Hofmeister(1824‐77)がシダ植物とコケ植物ではじめて世代交代を発見(1851)したが,その後,他の多くの植物群でも見いだされている。植物の世代交代は同時に核相(染色体数)の交代を伴う場合が多く,その場合は,減数分裂による細胞の単相化(染色体数が2nからnになること),および受精(接合)による複相化(nから2nになること)が,それぞれの世代の起点となる。 シダ植物では世代交代が明りょうに認められる。…

※「複相」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

複相の関連情報