コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

複相 ふくそうdiploid phase; diplophase

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

複相
ふくそう
diploid phase; diplophase

生物の生活環において,有性生殖に関連する生殖細胞の核の染色体数に注目したとき,それが基本数 (nで表わす) の2倍になっている相,すなわち受精してから減数分裂するまでの相をいう。単相 (半数性の核相ともいう) に対する語で,通常 2nと表わす。生活環のなかで,単相と複相が交互に現れる現象を核相交代 alternation of nuclear phasesという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

複相【ふくそう】

単相の対語。核相交代において二倍体の相(単相の場合の染色体を2組もつ)をいう。有性生殖では減数分裂の結果染色体数の半減した単相(染色体数n)の配偶体の合体によって複相(2n)に戻るが,無性生殖では親の体細胞がそのまま新個体となるため,常に複相の状態にある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ふくそう【複相】

一細胞当たりの染色体が二倍数(2n )からなる核相。受精から減数分裂までの核相。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の複相の言及

【世代交代】より

… 植物ではドイツのホフマイスターWilhelm Hofmeister(1824‐77)がシダ植物とコケ植物ではじめて世代交代を発見(1851)したが,その後,他の多くの植物群でも見いだされている。植物の世代交代は同時に核相(染色体数)の交代を伴う場合が多く,その場合は,減数分裂による細胞の単相化(染色体数が2nからnになること),および受精(接合)による複相化(nから2nになること)が,それぞれの世代の起点となる。 シダ植物では世代交代が明りょうに認められる。…

※「複相」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

複相の関連キーワード重複受精(ちょうふくじゅせい)ウミウチワ(海団扇)アミジグサ(網地草)ムラサキホコリカビツノホコリカビクロボキンアポガミー性の分化ヒバマタ童貞生殖変形菌類紅藻植物形質導入倍数世代無性世代半数世代世代交代変形体生物界珪藻類

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android