根被(読み)こんぴ

精選版 日本国語大辞典「根被」の解説

こん‐ぴ【根被】

〘名〙 熱帯性のラン科、テンナンショウ科などの植物気根先端に生ずる厚い皮状の組織。原表皮で形成され、吸水貯水の働きをする。套被(とうひ)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の根被の言及

【着生植物】より

…特に熱帯地域に豊富に産し,被子植物ではラン科,サトイモ科,パイナップル科をはじめ多くの科に見られ,樹上の生活に適応した特殊な形態をもつものが多い。ラン科やサトイモ科の着生植物には根の表面にしばしば根被velamenという貯水組織が発達している。パイナップル科では葉の基部が密に重なって〈タンク〉を形づくり,その中に水や腐植質をたくわえる。…

※「根被」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android