コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桂広澄 かつら ひろずみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桂広澄 かつら-ひろずみ

?-1524 戦国時代の武士。
安芸(あき)(広島県)毛利家の臣。毛利興元とその子幸松丸(こうまつまる)の早世による跡つぎ問題で広澄の身内阪藤内らは毛利元就(もとなり)の弟の就勝(なりかつ)を推したが,家老志道広良らの推す元就が大永(たいえい)3年家督をついだ。このため藤内は罰せられ,広澄はゆるされたが,後年疑いのかかることをおそれて大永4年自刃(じじん)した。安芸出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

桂広澄の関連キーワード宗教改革バスコダガマガマダヤン・ハン(達延汗)ホルバインドイツ農民戦争(農民一揆)新韓銀行繰り上げ償還の特例措置カモンイスグラナダ

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android