コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桂広澄 かつら ひろずみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桂広澄 かつら-ひろずみ

?-1524 戦国時代の武士。
安芸(あき)(広島県)毛利家の臣。毛利興元とその子幸松丸(こうまつまる)の早世による跡つぎ問題で広澄の身内阪藤内らは毛利元就(もとなり)の弟の就勝(なりかつ)を推したが,家老志道広良らの推す元就が大永(たいえい)3年家督をついだ。このため藤内は罰せられ,広澄はゆるされたが,後年疑いのかかることをおそれて大永4年自刃(じじん)した。安芸出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

桂広澄の関連キーワード宗教改革ガマバスコダガマダヤン・ハン(達延汗)ホルバインドイツ農民戦争(農民一揆)繰り上げ償還の特例措置新韓銀行泰山・岱山・太山カモンイス

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone