えい

精選版 日本国語大辞典「えい」の解説

えい

〘感動〙
① 人の呼び掛けに対して答える時に発することば。
※宇治拾遺(1221頃)一「すべなくて、無期(むご)ののちに『ゑい』といらへたりければ、僧達笑ふ事かぎりなし」
② 驚いて問い返す時などに発することば。
※謡曲・烏帽子折(1480頃)「『例の小男おっ取り合ひ、兄弟の者の細首を、ただひと討ちに討ち落としたると申し候』『えいなにとなにと』」
③ 力を入れようとする時、決断する時などに発することば。
※平家(13C前)一一「その時こやねたぢからをといふ大(だい)ぢからの神よって、ゑいといひてあけ給ひしよりしてたてられずといへり」
④ 人に呼び掛ける時に発することば。
※源平盛衰記(14C前)六「此の程風気(ふうき)有て見参に入らずと云へ、曳(エイ)とて出合(あは)れず」
⑤ 強く感動したり驚いたりした時に発することば。
※波形本狂言・素袍落(室町末‐近世初)「ヱイ太良冠者、なんとおもふて来た」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「えい」の解説

えい

[感]
力を込めたり、勇気を奮い起こしたり、決断したりしたときに発する語。「えい、と投げつけた」「えい、やってしまえ」
応答の語。はい。ええ。
「―、といらへたりければ」〈宇治拾遺・一〉
驚いたり、激したりしたときに発する語。
「―、よい加減なことばかり」〈浄・薩摩歌〉
呼びかけや命令、念を押すときに発する語。
「やがて来い、―」〈虎明狂・末広がり
歌などの囃子詞(はやしことば)。
「―、―、烏がな烏がな」〈浄・冥途の飛脚

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android