コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

毛利興元 もうり おきもと

2件 の用語解説(毛利興元の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

毛利興元 もうり-おきもと

1493-1516 戦国時代の武将。
明応2年生まれ。毛利弘元の長男。毛利元就(もとなり)の兄。安芸(あき)(広島県)の国人領主で,吉田荘郡山(こおりやま)城主。大内義興(よしおき)に属す。永正(えいしょう)9年安芸の有力国人8家と一揆(いっき)契約をむすび,国内の安定につとめた。永正13年8月25日死去。24歳。幼名は幸千代丸。通称は少輔太郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

毛利興元

没年:永正13.8.25(1516.9.21)
生年:明応2(1493)
戦国時代の武将。父は弘元,母は福原広俊の娘。幼名幸千代丸。少輔太郎,治部少輔。8歳のとき父から所領を譲られ,永正3(1506)年,父の死により名実共に当主となった。翌年大内義興の加冠を受け興元と称し,足利義稙を奉じた義興に従って上洛。帰国後,安芸国の有力国人とは一揆契約を結び,備後国では国人間の紛争を調停するなど芸備両国の国人との連携を強めた。また,近隣の小領主を家臣化し,一族の有力者を登用して政務をとらせるなど家臣団の充実を図った。24歳の若さで酒害のため死去するが,弟元就による毛利氏雄飛の時代に向け,直接的な基礎を固めた人物と評価できよう。<参考文献>河合正治『安芸毛利一族』

(秋山伸隆)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

毛利興元の関連キーワード三淵宗薫大方殿磯村左近井上光兼宇久盛定陶興房多久宗時中原広俊藤原広高本多光典

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone