桑萎縮病(読み)くわいしゅくびょう(英語表記)dwarf disease

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

桑萎縮病
くわいしゅくびょう
dwarf disease

刈縮みともいう。株全体が萎縮し,細い側枝が多生してほうき状となり,葉は丸葉になって小さく縮み,樹勢は次第に衰弱して枯死する。病原体マイコプラズマ様微生物が考えられ,ヒシモンヨコバエとヒシモンモドキによって媒介感染する。防除法としては罹病株を抜取り,媒介昆虫を駆除し,さらに仕立て法,収穫法を改善して樹勢を強める。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android