媒介(読み)ばいかい

精選版 日本国語大辞典「媒介」の解説

ばい‐かい【媒介】

〘名〙
① 双方の間に立ってとりもつこと。はし渡しをすること。とりもち。なかだち。なこうど。きもいり。
※本朝無題詩(1162‐64頃)六・夏日遊河陽別業〈藤原明衡〉「伴老友朋松偃蓋、忘憂媒介桂盈樽」
風俗画報‐一六八号(1898)言語門「凡そ言語は吾人の思想を交換する媒介(バイカイ)なり」 〔晉書‐芸術伝・索紞〕
② 論理学で、かけ離れた二つの名辞の間に、両者を関係づけるような中間項の名辞を与える働き、手続。
③ 哲学で、かけ離れた二つの実在を関連づけるために、もう一つの実在を挿入すること。たとえば、デカルトで、精神と物質の間に神を入れる手続、キリスト教神学で、超越する神と不完全の人間の間に、なかだちとしてのキリストを設定することなど。
④ 特にヘーゲル哲学で、すべての事物は個々独立になりたっているのでなく、他との関係のなかにあること。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「媒介」の解説

ばい‐かい【媒介】

[名](スル)
両方の間に立って、なかだちをすること。とりもつこと。「虫が伝染病を媒介する」
ヘーゲル哲学で、存在認識が他のものによって条件づけられて成り立っていること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の媒介の言及

【コミュニケーション】より

…熱の〈伝導〉も,コミュニケーションのモデルとされる。また人類学などから出た考え方として,〈婚姻〉も,ある親族集団から別の親族集団への,〈女性(または男性)を媒介とするコミュニケーション〉とみなされている。人間以外の生物が,色,におい,身ぶり,音声などで周囲に情報を発し,あるいは交換していることは周知のことであるが,最近では〈遺伝〉も生物の世代間コミュニケーションとしてとらえられるようになった。…

【仲立人】より

…他人間の商行為の媒介をなすことを業とする者(商法543条)。媒介ないし仲立ちとは,他人間に契約が成立するように,契約当事者,内容,条件や相場につき情報を提供して周旋活動をすることである。…

※「媒介」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android