コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桔梗屋甚三郎 ききょうや じんざぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桔梗屋甚三郎 ききょうや-じんざぶろう

?-? 江戸時代前期の染色工。
京都の紅染(べにぞめ)屋。承応(じょうおう)(1652-55)のころ,アカネをもちいて紅梅色にそめる方法をあみだし,甚三紅(じんざもみ)とよばれた。安価の反面,色がさめやすく,桃林堂蝶麿(ちょうまろ)の「好色酒呑(しゅてん)童子」に「変り易きは,甚三紅と男の心」と風刺された。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android