コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紅染(め) クレナイゾメ

デジタル大辞泉の解説

くれない‐ぞめ〔くれなゐ‐〕【紅染(め)】

紅で染めた色。また、その染め物。

べに‐ぞめ【紅染(め)】

紅色に染めること。また、染めたもの。ベニバナで染めたものは本染めともいう。くれないぞめ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の紅染(め)の言及

【紅絹】より

…緋紅色に染めた平絹。江戸時代には紅花染を紅染(もみぞめ),職人を紅師(もみし)といったことからこの名がついたとされる。平絹,羽二重にうこんの下染,紅花の上がけ染をし,本紅染と称する。…

※「紅染(め)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

紅染(め)の関連キーワードコチニールカイガラムシ阿部市郎兵衛(5代)紅染め・紅染大口(衣服)桔梗屋甚三郎日本永代蔵フェニキアヒメマスオイカワ堆朱染紅の袴板締め一斤染染物屋韓紅花鎧直垂紅梅色紅の襦袢紅色

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android