承応(読み)ショウオウ

  • じょうおう

大辞林 第三版の解説

しょうおうとも
年号(1652.9.18~1655.4.13)。慶安の後、明暦の前。後光明ごこうみよう・後西ごさい天皇の代。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

日本の元号(年号)。江戸時代の1652年から1655年まで、後光明(ごこうみょう)天皇、後西(ごさい)天皇の代の元号。前元号は慶安(けいあん)。次元号は明暦(めいれき)。1652年(慶安5)9月18日改元。徳川家綱(いえつな)の第4代将軍就任の代始として改元が行われたといわれる。『晋書(しんじょ)』を出典とする命名。「承応」「文嘉」「享応」「承禄」「承延」が候補としてあがり、後光明天皇がこの中から「承応」「文嘉」「享応」を選定して江戸幕府に提示し、幕府が「承応」を選んだ。1652年(承応1)には、浪人の別木庄左衛門らが増上寺で行われる崇源院(すうげんいん)(第2代将軍の徳川秀忠(ひでただ)夫人の江(ごう))の法要を利用して、幕府老中を襲撃しようとした事件が起きる(承応の変)。密告により関係者は捕縛されたが、背景には、当時増加する浪人の不満があった。1654年(承応3)に後光明天皇が痘瘡(とうそう)で崩御したが、皇太子(後の霊元(れいげん)天皇)が生後間もないため、中継ぎとして後西天皇が即位した。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

(「しょうおう」とも) 江戸時代、後光明天皇・後西天皇の代の年号。慶安五年(一六五二)九月一八日に改元。将軍徳川家綱の時代。承応四年(一六五五)明暦(めいれき)と改元された。出典は「晉書‐律暦志・中」に「夏殷承運、周氏応期」とあるのによる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ブルーインパルス

航空自衛隊に所属し華麗なアクロバット飛行(展示飛行)を披露する専門チーム。現在のチームは3代目となり、正式名称は宮城県松島基地の第4航空団に所属する「第11飛行隊」。チーム名の「青い衝撃」の意にちなん...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

承応の関連情報