コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紅梅色 こうばいいろ

色名がわかる辞典の解説

こうばいいろ【紅梅色】

色名の一つ。JISの色彩規格では「やわらかい」としている。一般に、平安貴族たちが愛好した紅梅の花のような色のこと。キク科ベニバナを用いた紅染で、ややみのある桃色をさす。平安時代に大流行したらしく清少納言も『枕草子』でとりあげている。初春に花を咲かせ、その後に咲くの花より色は濃い。かさね色目いろめの名でもあり、表は紅色べにいろ、裏は蘇芳すおうなど。また毎年1月に京都競馬場で開催される「紅梅ステークス」は、この紅梅に由来する。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こうばい‐いろ【紅梅色】

紅梅2」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうばいいろ【紅梅色】

染め色の名。濃い桃色。のちには紫がかった赤。紅梅。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

紅梅色の関連キーワード桔梗屋甚三郎裏陪紅梅千代の梅平安時代薄紅梅紅梅匂甚三紅今様色梅返し梅襲色名様色初春

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

紅梅色の関連情報