コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桜井三郎左衛門 さくらい さぶろうざえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桜井三郎左衛門 さくらい-さぶろうざえもん

?-? 織豊-江戸時代前期の農民。
加賀(石川県)河北郡高松村の人。天正(てんしょう)12年(1584)能登(のと)末森の合戦の際,前田利家に敵軍佐々成政の情勢を知らせた功で十村役となり,村民の年貢永代免除の印書をあたえられたという。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone