コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梅鼠 うめねず

1件 の用語解説(梅鼠の意味・用語解説を検索)

色名がわかる辞典の解説

うめねず【梅鼠】

色名の一つ。「うめねずみ」とも読む。みのある薄い鼠色のこと。梅の語は紅梅こうばいの花に由来する赤みの形容。江戸後期から「鼠」のつく色名が多くなり、「四十八茶百鼠しじゅうはっちゃひゃくねず」といわれるほど流行した。梅鼠はその一つ。奢侈しゃし禁止令によって染色の色が茶色系統、鼠色系統、紺色系統などに制限されたなかで、微妙な色の違いを生み出し、当時の人々はそれを着物にして楽しんだ。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

梅鼠の関連キーワードドブネズミ藍鼠赤鼠家鼠野鼠姫鼠葡萄鼠小鼠ネズミチフス菌米酢(よねず)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

梅鼠の関連情報