梅鼠(読み)うめねず

色名がわかる辞典の解説

うめねず【梅鼠】

色名の一つ。「うめねずみ」とも読む。みのある薄い鼠色のこと。梅の語は紅梅こうばいの花に由来する赤みの形容。江戸後期から「鼠」のつく色名が多くなり、「四十八茶百鼠しじゅうはっちゃひゃくねず」といわれるほど流行した。梅鼠はその一つ。奢侈しゃし禁止令によって染色の色が茶色系統、鼠色系統、紺色系統などに制限されたなかで、微妙な色の違いを生み出し、当時の人々はそれを着物にして楽しんだ。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android