梶山俊夫(読み)かじやま としお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

梶山俊夫 かじやま-としお

1935-2015 昭和後期-平成時代の絵本作家。
昭和10年7月24日生まれ。洋画から出発し,昭和42年木島始とくんで「鳥獣戯画」を絵本化した「かえるのごほうび」で子どもの本の世界にはいる。民画風のユーモラスな筆致が特徴で,48年いぬいとみこ文「かぜのおまつり」でブラチスラバ世界絵本原画展金のリンゴ賞,同年「いちにちにへんとおるバス」で講談社出版文化賞。57年森はな文「こんこんさまにさしあげそうろう」で絵本にっぽん大賞。平成27年6月16日死去。79歳。東京出身。日大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

高橋留美子

[1957~ ]漫画家。新潟の生まれ。少年及び青年向けの漫画を描く女流の第一人者。コメディータッチのSFやスラップスティック、現代の若者の恋愛など多様なジャンルを描き、絶大な人気を得る。代表作「うる星...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android