コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

洋画 ようが

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

洋画
ようが

西洋画,あるいは伝統的表現様式に基づく日本画に対し,西洋的表現様式に基づく油彩,水彩などの総称。日本の洋画の展開は,ほぼ3期に分けられる。第1期はポルトガル人が薩摩の種子島に漂着した室町時代後期の天文 12 (1543) 年から,江戸時代中期の宝永5 (1708) 年頃まで。この期には,おもにキリスト教布教に伴う聖画像類や西洋風俗画類が油彩,岩絵具 (鉱物質の絵具) などで描かれた。キリシタン絵画あるいは南蛮絵 (第1期洋風画) とも呼ばれる。第2期は新井白石が『西洋紀聞』を著わした宝永6年から幕末までで,西洋画の迫真的写実が関心をひき,生活に役立つ科学的技術として学ばれた。画家として秋田の小田野直武佐竹曙山,江戸の司馬江漢亜欧堂田善,長崎の若杉五十八荒木如元川原慶賀らが知られており,西洋や日本の風俗,風景,静物などが油彩,岩絵具などで描かれた。蘭画あるいは紅毛画 (第2期洋風画) とも呼ばれる。第3期は明治1 (1868) 年以降現在までで,近代洋画という場合,第3期をさすことが多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ようが【洋画】

西洋絵画,西洋画の略。欧米の絵画全般と,桃山時代以降に日本で西洋風の材質,表現法を用いて制作された絵画とをいうが,後者の場合に明治期以前のものを特に洋風画とよんで区別する。一般に洋画とは,日本の明治期以後の主として油彩画を指している。洋画の概説については,〈明治・大正時代美術〉の項を参照されたい。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ようが【洋画】

西洋画。油絵・水彩画など西洋式の絵画。日本画に対していう。 「 -家」
欧米で製作されて輸入された映画。外国映画。 ⇔ 邦画

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の洋画の言及

【洋風画】より

…明治以前の日本で西洋画法に基づいて描かれた絵画。南蛮屛風や長崎版画のように,西洋の人物や商船を主題としても,在来の伝統的画法によるものはこのなかに含まれない。…

※「洋画」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

洋画の関連キーワード上野山 清貢菊池左馬之介田辺 栄次郎胡桃沢 源人大正時代美術黒田重太郎五姓田芳柳国枝 金三浜田 葆光有馬三斗枝田村孝之介児島善三郎岡田三郎助近藤浩一路太田喜二郎国沢新九郎田中佐一郎鹿子木孟郎小絲源太郎渡辺 浩三

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

洋画の関連情報