洋画(読み)ようが

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

洋画
ようが

西洋画,あるいは伝統的表現様式に基づく日本画に対し,西洋的表現様式に基づく油彩,水彩などの総称。日本の洋画の展開は,ほぼ3期に分けられる。第1期はポルトガル人が薩摩の種子島に漂着した室町時代後期の天文 12 (1543) 年から,江戸時代中期の宝永5 (1708) 年頃まで。この期には,おもにキリスト教布教に伴う聖画像類や西洋風俗画類が油彩,岩絵具 (鉱物質の絵具) などで描かれた。キリシタン絵画あるいは南蛮絵 (第1期洋風画) とも呼ばれる。第2期は新井白石が『西洋紀聞』を著わした宝永6年から幕末までで,西洋画の迫真的写実が関心をひき,生活に役立つ科学的技術として学ばれた。画家として秋田の小田野直武佐竹曙山,江戸の司馬江漢亜欧堂田善,長崎の若杉五十八荒木如元川原慶賀らが知られており,西洋や日本の風俗,風景,静物などが油彩,岩絵具などで描かれた。蘭画あるいは紅毛画 (第2期洋風画) とも呼ばれる。第3期は明治1 (1868) 年以降現在までで,近代洋画という場合,第3期をさすことが多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ようが【洋画】

西洋絵画,西洋画の略。欧米の絵画全般と,桃山時代以降に日本で西洋風の材質,表現法を用いて制作された絵画とをいうが,後者の場合に明治期以前のものを特に洋風画とよんで区別する。一般に洋画とは,日本の明治期以後の主として油彩画を指している。洋画の概説については,〈明治・大正時代美術〉の項を参照されたい。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ようが【洋画】

西洋画。油絵・水彩画など西洋式の絵画。日本画に対していう。 「 -家」
欧米で製作されて輸入された映画。外国映画。 ⇔ 邦画

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

よう‐が ヤウグヮ【洋画】

〘名〙
① 日本画に対して、西洋で発達した描画材料・技法によって描かれた絵画。油彩画、水彩画、パステル画、鉛筆画、ペン画、銅版画など。特に油彩画だけをさしても用いられる。西洋画。
※東京新繁昌記(1874‐76)〈服部誠一〉三「倭書にして而して洋画を写し」
② 欧米の映画。邦画に対していう。
※縮図(1941)〈徳田秋声〉素描「『サロメ』など、新しい洋画を欠かさず見てゐたが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の洋画の言及

【洋風画】より

…明治以前の日本で西洋画法に基づいて描かれた絵画。南蛮屛風や長崎版画のように,西洋の人物や商船を主題としても,在来の伝統的画法によるものはこのなかに含まれない。…

※「洋画」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

洋画の関連情報