棒切(読み)ぼうきれ

精選版 日本国語大辞典の解説

ぼう‐きれ【棒切】

〘名〙 棒のきれはし。短い棒。ぼうっきれ。
※男重宝記(元祿六年)(1693)五「柴の折(をれ)を京には木ほせといふ。〈略〉中国にてはほうきれといへり」

ぼうっ‐きれ【棒切】

〘名〙 「ぼうきれ(棒切)」の変化した語。
※滑稽本・七偏人(1857‐63)三「棒っ切で地平(ぢびた)か何かを叩き廻して見なせへ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報