コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

男重宝記 おとこちょうほうき

大辞林 第三版の解説

おとこちょうほうき【男重宝記】

なんちょうほうき【男重宝記】

江戸時代の実用書。苗村丈伯なむらじようはく著。五巻。1693年刊。言葉遣いその他男性として心得ておくべき事柄を記す。おとこちょうほうき。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

デジタル大辞泉の解説

なんちょうほうき【男重宝記】

江戸初期の教養書。5巻。草田寸木子(すんぼくし)著。元禄6年(1693)刊行。手習い・詩・俳諧茶の湯・将棋など、一般知識や諸芸について記したもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

男重宝記
なんちょうほうき

男子の啓蒙(けいもう)教化・実用日益を主とした絵入りの書。1693年(元禄6)刊。艸田寸木子(くさだすんぼくし)著。5巻5冊。近世初期の民衆文化の向上に伴い、仮名草子などとともに発生したもので、その前年同じ著者による『女(おんな)重宝記』が好評だったところから男子向きにつくられたもの。「童男の知て重宝とするものなり」とあるように、大人になる前の年齢層の男子を対象としている。「巻之一」の初めに「男子一代の総論」として「よみかき学文の芸を第一」とし、以下一般知識から手習、詩、和歌、連歌(れんが)、俳諧(はいかい)、茶の湯、立花(りっか)、碁、将棋など諸芸にわたって記述され、最後の「巻之五」では「しつけ五十一箇条」をあげている。『女重宝記』と比べ注目されるのは、「巻之三」の半分が立花の項にあてられていることで、『女重宝記』が「女子たしなみてよき芸のあらまし」として、茶の湯、香、連歌などとともに立花をあげているのに対し、ここでは「花瓶たての事」「砂の物の事」「なげ入れの事」「諸法度の事」などいけ花の全般に触れてそのたしなみを説いている。これは、いけ花がまだこの時代にあっては女子のものではなく、男子中心の旦那芸(だんなげい)であったことを物語る。[北條明直]
『小川武彦解説『近世文学資料類従 参考文献17 男重宝記』(1981・勉誠社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

男重宝記の関連キーワード江戸時代実用書吾が身事柄

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

男重宝記の関連情報