コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

棒鮨 ボウズシ

デジタル大辞泉の解説

ぼう‐ずし【棒×鮨】

細長い木枠にすし飯と具を重ねて入れ、押してつくった鮨。巻き簀(す)で巻き固めることもある。具にはサバ・サケ・マスアナゴ・アユなどを使う。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

ぼうずし【棒鮨】

魚のそのままの形を生かした棒状の姿ずし。酢で締めたりたれ焼きにしたりした魚をすし飯にのせ、ふきんや巻きすで巻いたもの、細長い型を用いて押しずしにしたものなどがある。蒲焼きにしたうなぎやはも、白焼きにして煮たあなご、酢で締めたさばやさんまを用いたものなどが代表的。京都の名物料理にさばやはものものがある。

出典|講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ぼうずし【棒鮨】

細長い木箱を用いて作る押し鮨の一。 「鯖の-」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の郷土料理がわかる辞典の解説

ぼうずし【棒鮨】


魚のそのままの形を生かした棒状の姿ずし。酢で締めたりたれ焼きにしたりした魚をすし飯にのせ、ふきんや巻きすで巻いたもの、細長い型を用いて押しずしにしたものなどがある。蒲焼きにしたうなぎやはも、白焼きにして煮たあなご、酢で締めたさばやさんまを用いたものなどが代表的。京都の名物料理にさばやはものものがある。

出典|講談社日本の郷土料理がわかる辞典について | 情報

棒鮨の関連情報