棚尾(読み)たなお

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

棚尾
たなお

愛知県南西部,碧南市南部の地区。旧町名。矢作 (やはぎ) 川河口右岸に位置し,江戸時代から河港として栄え,味噌醸造業,織布,鋳物業が発展した。 1900年頃は隣接の大浜と合せて人口 5000以上を有して,刈谷知立安城をしのいでいた。現在は,機械部品,水道用器具などの鋳物業が盛ん。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

棚尾の関連情報