コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河港 カコウ

デジタル大辞泉の解説

か‐こう〔‐カウ〕【河港】

河口または河岸に造られた港。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かこう【河港 river port】

河川沿岸に位置し,もっぱら内陸水路の交通にかかわる港。たとえ内陸の川のほとりにあっても,ロンドン,武漢,モントリオールなどのように海外の港と海上航路で結ばれているものは港湾seaportであって,河港とは呼ばれない。明治期以前の日本では河川が重要な輸送路になり,奥地からは米や薪炭などが平底の小さい川船で下航し,海岸からは塩や塩乾魚などが上航していた。各河川沿岸には多数の船着場が散在し河岸(かし)と呼ばれていたが,流域が狭く河谷勾配の急な河川には大型の川船を通すものがなく,河港の荷役量はいずれもわずかであった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かこう【河港】

河口または河岸にある港。 ↔ 海港

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の河港の言及

【港湾】より


[埋立港と掘込港]
 河川の水路を利用して港をつくることは,古来から東西を問わず活発に行われてきた。欧米諸国では,ニューヨーク港,ロンドン港,アムステルダム港など,現在でも河川に面してつくられた港(河川港,河港という)が近代港湾として利用されている例が多いが,水深の深い大河もなく,また急流の多い日本の場合,河川港は近代港湾としては利用されなくなってきている。これに対し,河口は河川の利用による水運の便がよいほか水面も広く,また平地に恵まれて背後地も大きいため,日本でも古来から多くの港がつくられ,近代港湾へ発達していったものも多い。…

※「河港」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

河港の関連キーワード神奈川県川崎市川崎区港町シウダーボリーバルエンカルナシオンペルボマイスキージェルジンスククレメンチュクマーストリヒト東三河工業地域ランカスターアンフォンド我孫子[市]リューベックアスンシオンバーゼル合意トボリスクモンクトンオールバニブラザビル諸富〈町〉キンシャサ

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

河港の関連情報