植松 要作(読み)ウエマツ ヨウサク

20世紀日本人名事典の解説

植松 要作
ウエマツ ヨウサク

昭和期の児童文学作家



生年
昭和6(1931)年5月7日

没年
昭和63(1988)年1月16日

出生地
山形県北村山郡東根町

学歴〔年〕
村山農学校卒

主な受賞名〔年〕
日本児童文学者協会賞(第1回)〔昭和36年〕「山が泣いている

経歴
祖父の代から経営する果樹園が戦時中に海軍に接収され、移転したリンゴ園が戦後、在日米軍に接収されたため、「大高根基地反対闘争」に参加。この経緯を4人の仲間と執筆した「山が泣いている」で日本児童文学者協会賞を受賞した。ほかに「りんごのうた」「野うさぎ村の戦争」「さくらんぼひとつ」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android