コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

植樹造林 ショクジュゾウリン

1件 の用語解説(植樹造林の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しょくじゅ‐ぞうりん〔‐ザウリン〕【植樹造林】

林業で、苗木を植え付けて森林をつくる方法。人工造林

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の植樹造林の言及

【植林】より

…一般には造林とほぼ同じ意味で使われることもあるが,専門的には,造林は人工造林と天然更新に分けられており,植林は人工造林の意味で用いるべきである。樹木を植えることを植樹というが,人工造林のうちで最も広く行われている方法に植樹造林がある。これは本来は苗木を植える造林法であるが,植林はこの植樹造林が縮められたものと考えるのが語感に最もふさわしい。…

【人工林】より

…熱帯でも人工林の造成が進められているが,東南アジアではマツ類のほか,チーク,マホガニーなどの有用広葉樹の造林,おもにパルプ用材を目的とした生長の速いユーカリ類などの造林が行われている。 人工造林は林地に種子をまく方法や挿穂を直接さしつける方法があるが,きわめて限られていて,苗を育てて林地に植えつける植樹造林(植えつけ造林ともいう)が主流である。したがって,人工林といえば植樹造林をさすものとみる傾向がある。…

【造林】より

…実際の造林にあたっては,状況によって両者を適宜に組み合わせることが可能であり,また必要でもある。 人工造林には,造林予定地に種子を直接まきつける直まき造林(または播種(はしゆ)造林,人工下種),苗木を植えこむ植樹造林(植林または人工植栽,植付造林),挿穂を造林予定地に直接さしつける直挿(じかざし)造林などがあるが,もっとも普通に行われるのは植樹造林である。特殊な方法として,幹の下部からでている枝を押し下げて土をかけ根をださせる伏条(ヒバ,スギなど),キリで用いられる分根,タケの地下茎造林などがあり,直挿造林と併せて分殖造林とよばれることもある。…

※「植樹造林」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone