コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

楊賓 ようひん Yáng Bīn

1件 の用語解説(楊賓の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ようひん【楊賓 Yáng Bīn】

1652?‐1722?
中国,清代前期の書家。字は可師,号は大瓢,耕夫。浙江省紹興の人。13歳のとき父母が寧古塔(黒竜江省寧安)に流謫されたため,辛苦して育つ。40歳のとき父母のもとに至り数ヵ月間孝養を尽くし,のち父の柩と母とを迎えた。世人は彼を楊孝子と呼び,その孝の厚きを称したという。文に長じ《漢書》,杜詩に精しく,書は《黄庭経(こうていけい)》《聖教序(しようぎようじよ)》など碑帖を研究し,宋・元の習気に染まず,名が聞こえた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

楊賓の関連キーワード章美葉東谷金農文淵閣王氏包守佐々木晦山佐々木池庵素松堂堀江逸風

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone