コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄庭経 こうていぎょうHuang-ting-jing

2件 の用語解説(黄庭経の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

黄庭経
こうていぎょう
Huang-ting-jing

道教経典。一般には,『上清黄庭内景経』『上清黄庭外景経』の2経の総称であるが,それ以外の『黄庭遁甲縁身経』『黄庭五蔵六府真人玉軸経』『上清黄庭養神経』『太上黄帝中景経』などをさして総称する場合もある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こうていけい【黄庭経 Huáng tíng jīng】

中国,東晋(317‐420)時代の道教経典。黄庭(脾臓のシンボル)を中心とする道教的身体構造論に基づき,五臓神をはじめとする人体に宿る八百万の神々の観想と呼吸法の実践とによって,不老長生を得て神仙となれることを説く。王羲之の書跡で著名な《黄庭(外景)経》と東晋期の上清派道教徒がそれを基に改作し,より宗教的価値が高いという主張をこめて命名した《黄庭内景経》との2種類のテキストがある。【麦谷 邦夫

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone