コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄庭経 こうていぎょう Huang-ting-jing

2件 の用語解説(黄庭経の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

黄庭経
こうていぎょう
Huang-ting-jing

道教経典。一般には,『上清黄庭内景経』『上清黄庭外景経』の2経の総称であるが,それ以外の『黄庭遁甲縁身経』『黄庭五蔵六府真人玉軸経』『上清黄庭養神経』『太上黄帝中景経』などをさして総称する場合もある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

こうていけい【黄庭経 Huáng tíng jīng】

中国,東晋(317‐420)時代の道教経典。黄庭(脾臓のシンボル)を中心とする道教的身体構造論に基づき,五臓神をはじめとする人体に宿る八百万の神々の観想と呼吸法の実践とによって,不老長生を得て神仙となれることを説く。王羲之の書跡で著名な《黄庭(外景)経》と東晋期の上清派道教徒がそれを基に改作し,より宗教的価値が高いという主張をこめて命名した《黄庭内景経》との2種類のテキストがある。【麦谷 邦夫

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

黄庭経の関連キーワード司馬睿東晋劉裕列子金山寺遺教経会セブ島の道教寺院太上道君無上秘要陸修静

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone