黄庭経(読み)こうていぎょう(英語表記)Huang-ting-jing

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

黄庭経
こうていぎょう
Huang-ting-jing

道教経典。一般には,『上清黄庭内景経』『上清黄庭外景経』の2経の総称であるが,それ以外の『黄庭遁甲縁身経』『黄庭五蔵六府真人玉軸経』『上清黄庭養神経』『太上黄帝中景経』などをさして総称する場合もある。黄庭とは脾臓 (本によっては,脳中か心中) をさし,『黄庭経』は人体の機能一般をも論じている。したがって,医書の一種とみることもできる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こうていけい【黄庭経 Huáng tíng jīng】

中国,東晋(317‐420)時代の道教経典。黄庭(脾臓のシンボル)を中心とする道教的身体構造論に基づき,五臓神をはじめとする人体に宿る八百万の神々の観想と呼吸法の実践とによって,不老長生を得て神仙となれることを説く。王羲之の書跡で著名な《黄庭(外景)経》と東晋期の上清派道教徒がそれを基に改作し,より宗教的価値が高いという主張をこめて命名した《黄庭内景経》との2種類のテキストがある。【麦谷 邦夫】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こうてい‐けい クヮウテイ‥【黄庭経】

道教の経典。魏夫人の伝えた黄庭内景経、王羲之(おうぎし)が写して鵝と交換したという黄庭外景経、また、黄庭遁甲縁身経、黄庭玉軸経の計四種それぞれの俗称。伝王羲之筆の黄庭外景経は法帖(ほうじょう)で一字約一センチメートル四方の楷書で書かれ、書の手本として重要視される。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

翔んで埼玉

魔夜峰央(まやみねお)によるギャグマンガ、及び、それを基にした映画作品。埼玉県民が東京都民に虐げられる架空の日本を舞台に、埼玉県解放を目指す人々の愛と戦いを描く。「花とゆめ」(白泉社)の1982年冬の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android