コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄庭経 こうていぎょうHuang-ting-jing

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

黄庭経
こうていぎょう
Huang-ting-jing

道教経典。一般には,『上清黄庭内景経』『上清黄庭外景経』の2経の総称であるが,それ以外の『黄庭遁甲縁身経』『黄庭五蔵六府真人玉軸経』『上清黄庭養神経』『太上黄帝中景経』などをさして総称する場合もある。黄庭とは脾臓 (本によっては,脳中か心中) をさし,『黄庭経』は人体の機能一般をも論じている。したがって,医書の一種とみることもできる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こうていけい【黄庭経 Huáng tíng jīng】

中国,東晋(317‐420)時代の道教経典。黄庭(脾臓のシンボル)を中心とする道教的身体構造論に基づき,五臓神をはじめとする人体に宿る八百万の神々の観想と呼吸法の実践とによって,不老長生を得て神仙となれることを説く。王羲之の書跡で著名な《黄庭(外景)経》と東晋期の上清派道教徒がそれを基に改作し,より宗教的価値が高いという主張をこめて命名した《黄庭内景経》との2種類のテキストがある。【麦谷 邦夫】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

黄庭経の関連キーワード祝允明楊賓

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android