父母(読み)ちちはは

精選版 日本国語大辞典「父母」の解説

ちち‐はは【父母】

〘名〙 (「ちちはわ」の時代も) 男と女親。父と母。両親。ふぼ。ててはは。
※書紀(720)神代下(兼方本訓)「故、天稚彦の、親(チチハハ)、属(うからやから)、妻、子(こ)、皆、謂(おも)はく」
※土左(935頃)承平五年一月二一日「わがちちはははありとしおもへば」
※日葡辞書(1603‐04)「Chichifaua(チチハワ)

かぞ‐いろ【父母】

〘名〙 (古くは「かそいろ」) =かぞいろは(父母)
※書紀(720)神代上(寛文版訓)「其(そ)れ父母(カゾイロ)の既に諸子(もろもろのみこたち)に任(ことよせ)たまひて」
信長公記(1598)六「かぞいろとやしなひ立てし甲斐もなくいたくも花を雨のうつをと」

かぞ‐いろは【父母】

〘名〙 (古くは「かそいろは」。「いろは」は実母の意) 父母(ふぼ)。ちちはは。かぞいろ。
※書紀(720)神代上(水戸本訓)「故其の父母(カソイロハ)二はしらの神」
※太平記(14C後)二五「かぞいろは何に哀と思ふらん三年(みとせ)に成ぬ足立ずして」

ふ‐ぼ【父母】

〘名〙 父と母。両親。ぶも。
※律(718)名例「凡応議者祖父母、父母、伯叔、姑、兄弟、妻子」
※百座法談(1110)三月二七日「身躰髪ふは父母(フホ)のたまはれる処也」 〔書経‐大禹謨〕

とち‐はは【父母】

〘名〙 「ちちはは(父母)」の上代東国方言。
※万葉(8C後)二〇・四三四〇「等知波波(トチハハ)え斎(いは)ひて待たね筑紫なる水漬(みづ)く白玉取りて来(く)までに」

てて‐はは【父母】

〘名〙 ちちとはは。ちちはは。ふぼ。両親。
大和(947‐957頃)二条家本附載「近くをだにはなたずててははのかなしくする人なりければ」

ぶ‐も【父母】

〘名〙 (「も」は「母」の呉音) =ふぼ(父母)
※源平盛衰記(14C前)三九「夫母(ブモ)にもかかはらず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「父母」の解説

ちち‐はは【父母】

父と母。両親。ふぼ。

かぞ‐いろは【母】

《古くは「かそいろは」》父と母。両親。かぞいろ。
「―何(いか)に哀れと思ふらん、三年(みとせ)になりぬ足立たずして」〈太平記・二五〉

てて‐はは【父母】

ちちと、はは。ちちはは。ふぼ。
「―、炭櫃に火などおこして待ちゐたりけり」〈更級

ふ‐ぼ【父母】

ちちと、はは。ちちはは。両親。

ぶ‐も【母】

ふぼ」の古形。
「身体髪膚を―に受け」〈義経記・四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「父母」の解説

ふぼ【父母】

出生した子どもは両親が社会的に承認された夫婦であれば,正当な社会的地位が与えられる。子どもにとって多くの親は生物学的なつながりがあるとともに,それを前提として社会学的な関係が設定されるが,しばしばのつながりがあるとされる父母とは異なる父母に社会学的関係を設定することがある。いま血のつながりがあるとされる父母を生物学的父,生物学的母,社会関係が設定される父母を社会学的父,社会学的母と呼んで両者を区別するとすれば,父母の意味についてより深い考察が与えられることになる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

バブル方式

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染拡大防止策の一。国際的なスポーツ大会で、選手や運営関係者を隔離し、外部と接触させない方式。[補説]泡(バブル)の膜でとり囲むように、内部と外部を遮断する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android