コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杜詩 トシ

デジタル大辞泉の解説

と‐し【×杜詩】

中国唐代の詩人である杜甫(とほ)の詩。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

とし【杜詩】

中国、唐代の詩人、杜甫とほの詩。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の杜詩の言及

【水車】より

…【平田 寛】
[中国]
 中国では,流水を水受板でうけて動力化する水車の利用は,先秦時代から知られていたと思われるが,史料的に確かめることは困難である。後漢からは,31年(建武7)南陽太守に移った杜詩が手押しのふいごをやめ水力ふいごを作って冶金の効果をあげたといわれるなど,水車使用の記録が多く見られる。その後,晋の王戎の水碓は天下にあまねく,石崇の死後には30余区の水碓があったといわれるほか,晋から唐時代の荘園に付設された水碓・水磑と,一般の農田との間に水争いがおこっていることから,水車の使用の普及がうかがえる。…

※「杜詩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone