コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

楽派 ガクハ

デジタル大辞泉の解説

がく‐は【楽派】

音楽史で、ほぼ同じ時代に活動し、様式や構成などに共通性をもつ作曲家の一群。「ロマン楽派」「ウィーン楽派

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

がくは【楽派】

ほぼ同時代に活動し、様式などに共通した特色をもつ作曲家のグループ。派。 「古典-」 「国民-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

楽派の関連キーワードヨハン・ヴェンツェル・アントン シュターミツグリーグ(エドヴァルド・グリーグ)ヴォーカル・アンサンブル・カペラアルバン・ベルク弦楽四重奏団ライプツィヒ弦楽四重奏団ラサール弦楽四重奏団コーリッシュ四重奏団リムスキーコルサコフダルゴムイシスキーネーデルラント楽派ノートル・ダム楽派ネーデルランド楽派ヤコブ オブレヒトノートルダム楽派ブルゴーニュ楽派パレストリーナフランドル楽派スヴェーリンクマンハイム楽派シェーンベルク

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

楽派の関連情報