コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

構造設計家 こうぞうせっけいか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

構造設計家
こうぞうせっけいか

構造的な問題を主眼として建築の設計をする設計者の一群。彼らの多くは,構造工学を専門としているが,デザイン的な分野に関しても積極的な取り組みをする。その結果,独自な建築物や橋梁などを多く残している。 20世紀前半においては,鉄筋コンクリート構造の発達に寄与した,P.L.ネルビや E.トロハらの活躍が知られている。今日のように,建築技術がますます高度化し,複雑になっていく中では,テクノロジーへの深い造詣を持った設計者の協力は不可欠なものとなっている。ハイテク・スタイルの建築家として知られる R.ピアノらと協働し,数々の計画を実現させている P.ライスなどはその代表である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

構造設計家の関連キーワードシドニー・オペラハウスOAP

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android