樽船(読み)タルブネ

精選版 日本国語大辞典の解説

たる‐ぶね【樽船】

〘名〙 「たるかいせん(樽廻船)」の略称。
※財政経済史料‐三・経済・商業・問屋(1811)「右七品之儀は荷主勝手次第、樽船・菱垣船両積に相定」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の樽船の言及

【樽廻船(樽回船)】より

…江戸時代,灘,伊丹などの上方から江戸へ積み出される酒樽(4斗樽)をおもな荷として,大坂,西宮から樽廻船問屋によって仕立てられた廻船。樽船ともいう。船型は菱垣(ひがき)廻船と同じく弁才船で,当初は500石積みから1000石積みを主体としたが,19世紀以降には1500石積み級が中心となり,積載能力は1000石積みで1600樽から2000樽であった。…

※「樽船」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android