橘家 小円太(5代目)(読み)タチバナヤ コエンタ

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

橘家 小円太(5代目)
タチバナヤ コエンタ


職業
落語家

本名
戸塚 韓次郎

別名
前名=西国坊 明花,立花家 橘弥,橘家 円弥

生年月日
明治10年 3月

経歴
尺八奏者・一睡軒花堂の甥。西国坊明学に入門、明花。上京して立花家橘之助の門に入り、橘弥。さらに4代目橘家円蔵門に転じて円弥を名乗った。帰阪後、5代目橘家円太郎の門に入り、明治41年5代目小円太を襲名。ラッパを吹いて高座にあがり、噺のあとの独特の“見せる都々逸”を呼んだ。

没年月日
昭和36年 10月31日 (1961年)

親族
おじ=一睡軒 花堂(尺八奏者)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android