コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

橘常蔭 たちばなの つねかげ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

橘常蔭 たちばなの-つねかげ

?-? 平安時代前期の官吏。
讃岐権介(さぬきのごんのすけ),次侍従,讃岐介,大判事,刑部少輔(しょう),縫殿頭(ぬいどののかみ)を歴任。天安元年(857)右兵衛権佐(ごんのすけ)になる。従五位上。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android