次侍従(読み)ジジジュウ

精選版 日本国語大辞典の解説

じ‐じじゅう【次侍従】

〘名〙 正員の侍従の外に、八省その他の諸官から、四位・五位の中で年功のある人が選抜され、侍従と同じく御前に伺候して雑事をつかさどったもの。
※続日本紀‐宝亀元年(770)正月辛未「宴次侍従已上於東院御被

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の次侍従の言及

【侍従】より

…それでも侍従の人数はしだいに増加し,《官職秘鈔》によると,9人となり,さらに10人から20人に増えたという。また儀式や宴会に際して天皇の側近に供奉するには,正規の侍従だけでは足りないため,臨時に次侍従などが任ぜられた。次侍従は《続日本紀》宝亀元年(770)にはじめて見え,《延喜式》にその定員は正規の侍従を含め100人を限度とすると定められている。…

※「次侍従」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

COVID-19

2019年末に発生した新型コロナウイルス感染による症状の名称。コロナウイルス(Coronavirus)と病気(Disease)の短縮形に、感染が報告され始めた2019年を組み合わせ、20年2月11日に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android