機械的分化作用(読み)きかいてきぶんかさよう(英語表記)mechanical differentiation

岩石学辞典の解説

機械的分化作用

変成作用の間に,再結晶作用に有利な機械的条件によって鉱物が濃集する過程[Backlund : 1918].変形滑りによる劈開面に沿って雲母片が成長するなどの例がある.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android