コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

次ひ次ひ スガイスガイ

デジタル大辞泉の解説

すがい‐すがい〔すがひすがひ〕【次ひ次ひ】

[形動ナリ]《動詞「すが(次)う」の連用形を重ねたもの》次から次へと行われるさま。次々に起こるさま。
「しだり咲く萩の古枝に風かけて―に牡鹿なくなり」〈山家集・上〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

すがいすがい【次ひ次ひ】

( 副 )
〔動詞「すがう(次)」の連用形を重ねた語〕
つぎつぎに。あとからあとから。 「萩の古枝ふるえに風かけて-に牡鹿なくなり/山家

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

次ひ次ひの関連キーワード連用形