コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牡鹿 おしか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

牡鹿
おしか

宮城県東部,石巻市南東部の旧町域。牡鹿半島の先端部にある。 1955年町制。 2005年石巻市,河北町,雄勝町,河南町,桃生町,北上町の1市5町と合体して石巻市となった。半島部のほかに金華山網地島を含む。大部分が丘陵性の山地で,海岸は湾入が多く,湾奥に小漁村が散在する。中心地区は鮎川で,かつての捕鯨基地。石巻湾側の内湾では,ノリ,カキ,ホタテガイの養殖が行なわれる。女川から南端の鮎川まで牡鹿コバルトラインが通る。金華山には黄金山神社の一の鳥居と唐船番所跡がある。全域が南三陸金華山国定公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

お‐じか〔を‐〕【×牡鹿/雄鹿】

《「おしか」とも》雄のシカ 秋》牝鹿(めじか)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おじか【牡鹿】

雄のシカ。さおしか。 ↔ 牝鹿めじか

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

牡鹿
おしか

宮城県東部、牡鹿郡にあった旧町名(牡鹿町(ちょう))。現在は石巻市の南東端に位置する地域。牡鹿半島南部と金華山、網地(あじ)島からなる。1955年(昭和30)鮎川(あゆかわ)町と大原村が合併して改称。2005年(平成17)石巻市に合併。旧町域は1189年(文治5)より17代にわたって葛西(かさい)氏の領地であったが、1591年(天正19)から伊達(だて)氏の所領となった。平地は乏しいが、三方を海に囲まれ、金華山沖の大漁場を控え、漁業を主とする。中心集落の鮎川は近海捕鯨の基地としても有名。大原、給分(きゅうぶん)、十八成(くぐなり)などの浜ではカキ、ノリ、ワカメの養殖が盛んである。リアス式海岸と霊場金華山は三陸復興国立公園(旧、南三陸金華山国定公園)に含まれる。金華山には1200年の歴史を有する黄金山(こがねやま)神社があり、鮎川から連絡船が通じる。また、半島南端の御番所公園は、江戸時代に唐船番所が置かれていたところで、展望台やアスレチックなどがある。給分浜観音堂には国の重要文化財の十一面観音立像がある。なお、女川(おながわ)町浦宿から牡鹿町山鳥渡(やまどりのわたし)まで観光道路「牡鹿コバルトライン」が通じる。[境田清隆]
『『牡鹿町誌』全2巻(1988、2002・牡鹿町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

牡鹿の関連キーワード宮城県牡鹿郡女川町大石原浜宮城県牡鹿郡女川町黄金町宮城県牡鹿郡女川町小乗浜宮城県牡鹿郡女川町桐ケ崎宮城県牡鹿郡女川町清水町宮城県牡鹿郡女川町高白浜宮城県牡鹿郡女川町桜ケ丘宮城県牡鹿郡女川町女川浜宮城県牡鹿郡女川町尾浦町宮城県牡鹿郡女川町旭が丘宮城県牡鹿郡女川町浦宿浜宮城県牡鹿郡女川町御前浜宮城県牡鹿郡女川町鷲神浜宮城県牡鹿郡女川町指ケ浜宮城県牡鹿郡女川町飯子浜宮城県牡鹿郡女川町野々浜宮城県牡鹿郡女川町宮ケ崎宮城県牡鹿郡女川町出島宮城県牡鹿郡女川町石浜宮城県牡鹿郡女川町尾浦

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

牡鹿の関連情報