コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牡鹿 おしか

4件 の用語解説(牡鹿の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

牡鹿
おしか

宮城県東部,石巻市南東部の旧町域。牡鹿半島の先端部にある。 1955年町制。 2005年石巻市,河北町,雄勝町,河南町,桃生町,北上町の1市5町と合体して石巻市となった。半島部のほかに金華山網地島を含む。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

お‐じか〔を‐〕【×牡鹿/雄鹿】

《「おしか」とも》雄のシカ。 秋》牝鹿(めじか)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

おじか【牡鹿】

雄のシカ。さおしか。 ↔ 牝鹿めじか

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

牡鹿
おしか

宮城県東部、牡鹿郡にあった旧町名(牡鹿町(ちょう))。現在は石巻市の南東端に位置する地域。牡鹿半島南部と金華山、網地(あじ)島からなる。1955年(昭和30)鮎川(あゆかわ)町と大原村が合併して改称。2005年(平成17)石巻市に合併。旧町域は1189年(文治5)より17代にわたって葛西(かさい)氏の領地であったが、1591年(天正19)から伊達(だて)氏の所領となった。平地は乏しいが、三方を海に囲まれ、金華山沖の大漁場を控え、漁業を主とする。中心集落の鮎川は近海捕鯨の基地としても有名。大原、給分(きゅうぶん)、十八成(くぐなり)などの浜ではカキ、ノリ、ワカメの養殖が盛んである。リアス式海岸と霊場金華山は三陸復興国立公園(旧、南三陸金華山国定公園)に含まれる。金華山には1200年の歴史を有する黄金山(こがねやま)神社があり、鮎川から連絡船が通じる。また、半島南端の御番所公園は、江戸時代に唐船番所が置かれていたところで、展望台やアスレチックなどがある。給分浜観音堂には国の重要文化財の十一面観音立像がある。なお、女川(おながわ)町浦宿から牡鹿町山鳥渡(やまどりのわたし)まで観光道路「牡鹿コバルトライン」が通じる。[境田清隆]
『『牡鹿町誌』全2巻(1988、2002・牡鹿町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

牡鹿の関連キーワード雄蝶木下のしのしのし牙斧鮑のし英雄の書英雄の生涯スター・ウォーズ/英雄の試練《英雄の死》

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

牡鹿の関連情報