コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

止し サシ

デジタル大辞泉の解説

さし【止し】

[接尾]《接尾語「さす」の連用形から》動詞の連用形に付いて、その動作が中止の状態になっていること。また、そのような状態のものを表す。「読み止しの書物」「吸い止しのタバコ」

よし【止し】

よすこと。やめること。やめ。「小言はもう止しにする」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さし【止し】

( 接尾 )
〔接尾語「さす」の連用形から〕
動詞の連用形に付いて、その動作を途中で止めること、また、その動作が中止の状態になっていることを表す。…かけ。 「読み-の本」 「タバコの吸い-」 → ざし(接尾)

よし【止し】

よすこと。やめること。 「それじゃあ-にしよう」 「行くのは-にする」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

止しの関連キーワードキラー・エイ・ピー・ピーネオングローランプナトリウムランプ抗真菌性抗生物質シャットダウンキセノンランプ止りセンターシーアンカースタティックバリキャップキャンセル資金凍結延期抗弁静止視力児童労働血族結婚化学平衡時限装置吸い止し抗菌効果