中止(読み)ちゅうし

精選版 日本国語大辞典「中止」の解説

ちゅう‐し【中止】

〘名〙 中途でやめること。また、予定していたことがらを前もってとりやめること。または、一旦とりやめること。
※山陽詩鈔(1833)四・入薩界遇雨「寧能可中止勢与虎均」
※西国立編(1870‐71)〈中村正直訳〉三「この秘密を看出せざる中は決して中止(〈〉ヤメ)せずと志を定めたり」 〔鮑照‐舞鶴賦〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「中止」の解説

ちゅう‐し【中止】

[名](スル)中途でやめること。また、計画を取りやめにすること。「雨で試合が中止になる」「取引を中止する」「発売中止
[類語]休止停止中断中絶ストップ取り沙汰止さたやお流れ立ち消え全廃途絶断絶打ち切るやめる切り上げる断つよす控えるとりやめる手を引く放り出す見合わせる見送る思いとどまる踏みとどまる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android