コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正作田 ショウサクデン

デジタル大辞泉の解説

しょうさく‐でん〔シヤウサク‐〕【正作田】

中世、荘園において荘官地頭などが直営した田地のこと。用作。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

正作田【しょうさくでん】

(つくだ)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

しょうさくでん【正作田】

中世、荘園における荘官・地頭の直営地。正作。用作。手作地。佃つくだ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

正作田の関連キーワード中世正作

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android