田地(読み)デンジ

  • でんじ ‥ヂ
  • でんじ〔ヂ〕
  • でんち

大辞林 第三版の解説

でんち田地
でんじとも
田畑となっている土地。
境地。境涯。 さとりの-にいたるべし/鉄眼禅師仮字法語

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「でんち」とも)
① 田となっている土地。田。田圃(たんぼ)
※和漢朗詠(1018頃)上「氷田地に消えて蘆錐短し 春枝条に入って柳眼低れり〈元稹〉」
※地蔵菩薩霊験記(16C後)一二「件の寄附の田地(テンジ)を耕作して」 〔史記‐淮南王安伝〕
② ところ。場所。また、心の状態。境地。心田。
※南游集(1364頃)東林夏中偶作「田地更無塵一点、凭欄只見白蓮花」 〔応菴曇華禅師語録‐七〕
③ 女陰。
※浄瑠璃・源平布引滝(1749)二「何が廿二三の油ぎった結構な田地(デンヂ)を捨て」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ブルーインパルス

航空自衛隊に所属し華麗なアクロバット飛行(展示飛行)を披露する専門チーム。現在のチームは3代目となり、正式名称は宮城県松島基地の第4航空団に所属する「第11飛行隊」。チーム名の「青い衝撃」の意にちなん...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

田地の関連情報