コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正力松太郎賞 しょうりきまつたろうしょう

知恵蔵miniの解説

正力松太郎賞

その年のプロ野球の発展に最も貢献した人物(監督、コーチ、選手、審判)に贈られる賞。日本初のプロ野球チーム「大日本東京野球倶楽部」(現・読売ジャイアンツ)を創設した元読売新聞社社長、正力松太郎の功績を称え、1977年に創設された。以来、読売新聞社の主催により毎年開催されている。授賞者は球界関係者からなる正力松太郎賞選考委員会によって選出され、金メダルと賞金500万円が授与される。2013年現在の最多受賞は王貞治の4回。特別賞が授与される場合もあり、13年までにイチロー(鈴木一朗)と田中将大の2人が受賞している。

(2013-11-14)

出典|朝日新聞出版知恵蔵miniについて | 情報

正力松太郎賞の関連キーワードサンガラトナ・法天 マナケボビー バレンタイン信ケ原 良文阿部慎之助花岡 大学東井 義雄渡辺 顕麿山西 由之池田 恒雄松井秀喜星野仙一秋山幸二落合博満原辰徳

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

正力松太郎賞の関連情報