コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正力松太郎賞 しょうりきまつたろうしょう

1件 の用語解説(正力松太郎賞の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

正力松太郎賞

その年のプロ野球の発展に最も貢献した人物(監督、コーチ、選手、審判)に贈られる賞。日本初のプロ野球チーム「大日本東京野球倶楽部」(現・読売ジャイアンツ)を創設した元読売新聞社社長、正力松太郎の功績を称え、1977年に創設された。以来、読売新聞社の主催により毎年開催されている。授賞者は球界関係者からなる正力松太郎賞選考委員会によって選出され、金メダルと賞金500万円が授与される。2013年現在の最多受賞は王貞治の4回。特別賞が授与される場合もあり、13年までにイチロー(鈴木一朗)と田中将大の2人が受賞している。

(2013-11-14)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

正力松太郎賞の関連キーワード大下弘ヒーローMVP池田豊河野安通志古田昌幸松方正雄日本女子プロ野球機構プロ野球ai野球の独立リーグ

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

正力松太郎賞の関連情報