楽天(読み)らくてん

精選版 日本国語大辞典「楽天」の解説

らく‐てん【楽天】

[1] 〘名〙
① 自分の運命や境遇を、から与えられたものとして受け入れ、物事にあくせくしないこと。人生を楽観すること。のんきなこと。⇔厭世
※社会百面相(1902)〈内田魯庵〉新詩人「畢竟(つまり)人生には両面がある。楽天とか厭世とか云ふは各々一面を見て立てた人生観で」 〔易経‐繋辞上〕
② 鳥「ひばり(雲雀)」の異名。
[2] 白楽天(はくらくてん)のこと。
※発心集(1216頃か)五「彼楽天(ラクテン)の詩に」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

日本の企業がわかる事典2014-2015「楽天」の解説

楽天

正式社名「楽天株式会社」。英文社名「Rakuten, Inc.」。サービス業。平成9年(1997)「株式会社エム・ディー・エム」設立。同11年(1999)現在の社名に変更。本社は東京都品川区東品川。国内最大規模のインターネットショッピングモールを運営。子会社で金融・旅行・通信・プロスポーツ事業などを展開。JASDAQ上場。証券コード4755。

出典 講談社日本の企業がわかる事典2014-2015について 情報

デジタル大辞泉「楽天」の解説

らく‐てん【楽天】

自分の境遇を天の与えたものとして受け入れ、くよくよしないで人生を楽観すること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android