コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正反射 セイハンシャ

デジタル大辞泉の解説

せい‐はんしゃ【正反射】

鏡など完全に平らな面で生じる、入射角と反射角が等しく、反射光線が平行光線である反射。鏡面反射。→乱反射

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の正反射の言及

【乱反射】より

…これを乱反射あるいは拡散反射という。これに対して一定方向に反射波が生ずる場合を鏡面反射または正反射という。光が入射してから射出するまで何回も反射や屈折を繰り返すような塗料面の反射も乱反射の一種で,そのためいろいろな方向から目で物体を認識できる。…

※「正反射」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

正反射の関連キーワード反射(物理)光沢

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android