正反射(読み)セイハンシャ

精選版 日本国語大辞典の解説

せい‐はんしゃ【正反射】

〘名〙 平行光線が物体で反射したとき、反射光が再び平行光線になるような反射。鏡やよく磨かれた金属板の表面などで生じる。鏡面反射。⇔乱反射

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の正反射の言及

【乱反射】より

…これを乱反射あるいは拡散反射という。これに対して一定方向に反射波が生ずる場合を鏡面反射または正反射という。光が入射してから射出するまで何回も反射や屈折を繰り返すような塗料面の反射も乱反射の一種で,そのためいろいろな方向から目で物体を認識できる。…

※「正反射」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android